あなたもセックス依存症予備軍かも!?その症状と原因

最近では性欲がない男性が増えている反面、セックス依存症の方も多いようです。
セックス依存症とはどんな症状なのか、詳しくご紹介します。

セックス依存症とは
セックス依存症は、「アルコール依存症」、「薬物依存症」と同じようにセックスがやめられないようになる状態をいいます。
セックスをせずにはいられない人や、衝動を自分でコントロールできなくなる状態を指します。

症状が酷くなると、性犯罪や、のぞき、痴漢などの社会的なリスクを冒してまで性的行為を行うことがあったり、不特定多数の人とセックスをするようになったりするのです。

セックス依存症になる原因
ストレスが溜まったり、精神的に落ち込むなど、心理的な問題を抱えている状態で、「セックスをすれば救われる」というようになるとその快感を求めてセックスを繰り返すようになります。
セックス依存症の方の多くは、「生きている喜びはセックスをしている時だけ」と考えている人が多いようです。

セックス依存症度チェック
□性欲がなくてもセックスやマスターベーションをせずにはいられない
□セックスをしている時だけが「生きている」と感じる
□ストレスが溜まるとセックスがしたくてたまらなくなる
□性犯罪を犯したことがある、または性犯罪を犯しそうになったことがある
□不特定多数との性的関係がある
□セックスをするためなら、どんな手段でも使う
□風俗通いがやめられない

あなたはいくつ当てはまりましたか?
チェック項目が多かったらセックス依存症の可能性があります!

セックス依存症の治療法
セックス依存症はまだ認知度が低く、なかなか理解してもらえないことが多いようです。
もし自分が「セックス依存症かも?」と思ったら早めに医療機関へ相談をしてみましょう。
全国にある精神保健福祉センターでは、無料でカウンセリングをしてもらえるそうです。
取り返しがつかなくなる前に相談することをオススメします。

関連記事

  1. 激安!アロマリンパマッサージ【モミ屋】

  2. 北区|板橋駅|マッサージ【ドゥワンチャルーン】

  3. 品川|ブラジリアンワックス

    目黒|品川【モンクール】体験レポート|ブラジリアンワックス脱毛

  4. 下落合【フレイヤ】リラクゼーションサロン|マッサージ|新宿区

  5. 風邪をはやく治すためのオススメの栄養素と食べ物

  6. 求人